梅雨時の夕焼け・・天然の影絵の世界

八ヶ岳高原。昨日は朝は霧、夕べには燃えるような夕焼けと、自然の巧みな演出に心をゆさぶられる。

d0173720_965140.jpg



 高原の秋は、頻繁に夕焼けが見られる。しかもそれこそ燃えるような空になる。
 昨日の夕焼けは秋のそれのような赤とは異なった色合いだったが、なんとまあ見事に空を美しく染めてくれたことだったろう。

d0173720_981414.jpg



 霧は、人を詩人に、もしくは哲学者に近づけると言ったが、夕焼けもまた詩人に、或いは童話作家に近づけるかもしれない。

d0173720_9978.jpg



 我が家の庭から見上げる夕焼け空。その下に高く伸びた木々のシルエット。まるで、影絵の世界だ。いや、天然の影絵と言うべきか。

d0173720_995558.jpg



 刻々と微妙に変化する夕焼けの色。1回シャッターを切る毎にカメラのファインダーから目を離し、肉眼で空を見上げ、色の移りゆく様に見とれる・・・。
 自然が織りなす巧みな演出に酔う。

d0173720_9112759.jpg


 まさに、メルヘンの世界。しばし童心に還る・・・・・。
by pmeruhen-kana | 2010-06-22 09:11 | 自然・風景